リチウムポリマー電池は過放電になると復活しなくなることがあるようですが、その場合電池は簡単に交換できるのでしょうか。

以下の方法でのリチウムポリマー電池の保存を推奨しています。
リチウムポリマー電池の保存方法として充電残量を50%ほど残した状態での保存を推奨しております。
また可能でありましたら、1~3か月に数回、充電を一度使い切っていただき、
再度50%まで充電し、保管して頂く事をお問い合わせをしていただいたお客様のご案内させていただいております。

またこちらは当製品に限らず、リチウムポリマー電池内蔵製品の一般的な使用・保存方法になります。